菅原工務店の家づくりと豊富な経験
菅原工務店の豊富な経験

菅原工務店の家づくりは腕の確かな職人達の手によって円滑に進められて行きます。

妥協を許さない、厳しい職人の目が、一部の隙もなく家づくりにおいて重要な構造部分を形にしてゆく―

 

丹念に、美しく組み上げられた構造体は、長期間に渡りご家族の安全を保証するものとなります。

 

菅原工務店の家を支える代表的な工法が「在来工法」、「2×4工法」、「ウレタンパネル工法」。

お客様が理想とされる家をあらゆる面で判断し、最適な工法で施工致します。

在来工法は間取りやレイアウトに制約が少なく、家づくりの自由度が高いところにメリットがあります。将来のリフォームでの自由度も確保される工法でもあります。

また、構造上の強度を高めるため、構造用合版などを用いて耐震性も高めています。

この工法の場合、細かで確かな技法や技術も必要となりますが、菅原工務店の職人のこれまでの豊富な経験と実績から快適な家の構造を作り上げます。

2×4工法は、0.5mm以内の誤差という精度でプレカットされた部材を使用していますので、高い気密性・断熱性を有しています。

従来の軸組工法とは違い、面で重さを支える構造になっており地震や強風による「揺れ」にも強く、壁や天井の内部は細かく仕切られていますので、万が一火災が発生しても延焼しづらい構造になっています。

その上、床・壁のパネル化により、工期短縮を実現。それによりコストも押さえられるというメリットがあります。

当社は、FPの家の正規代理店です。

FPの家は、高断熱+高気密+計画換気で快適住宅を実現します。便利で安全なオール電化住宅に対応してますので、お年寄りや小さいお子様のいらっしゃるご家庭にもお勧めです。

グラスウールの約2倍の断熱性能を持ち、冷蔵庫の断熱材としても使われる硬質ウレタンフォームを充填したパネルは、防湿性にも優れているのでカビや壁体内結露を防ぎます。

その上高気密なので、外気の気温の変化に左右されにくく、騒音もシャットアウト。いつでも快適この上ない居住空間をご提供致します。


>>注文住宅「FPの家」
(公式サイト)

 

古くから日本の家に使われてきた天然材、技術の発展と共に強い強度を持つように人工的に作られてきた集成材など、家に使われる部材は様々。

菅原工務店では、お客様のご要望を基に最適な部材を選びます。

菅原工務店の手がける家で必ず使用する部材の一つです。

 

年月が経つとどうしても避けられない木材特有の反り・ねじれ・収縮。そうなることで発生してしまう壁のヒビやゆがみから家を守るための、非常に精密で強度を持った部材です。

 

お客様が安心してお住み頂けるために、厳しい目であらゆる項目を検査しています。

どんな理由があっても、検査をクリアしなければ次の工程へは進みません。

基礎工事完了後、検査員が図面と照らし合わせ、正しく施工されているかを検査します。

「配筋検査」「金物検査」など、施工段階ごとに様々な検査を行います。

お客様と打ち合わせを重ねて作り上げた図面を基に、木材や下地材がきちんと施工されているか、使いやすくなっているか、また図面では表現しきれない部分、現場でしか分からないことを職人と最終確認します。

 

新築住宅かし保険「JIOわが家の保険」で10年保証。

菅原工務店はJIO(日本住宅保証検査機構)の登録事業者です。

お引き渡しから10年間の瑕疵担保責任の範囲が保険対象となり、瑕疵が発見された場合、当社が住宅瑕疵担保責任に基づき補修を行います。